性行為中の中折れにも効くバイアグラ

男女の性行為は、若いとスムーズにいくことが多いですが、中高年や体調などによっては途中で男性の性器が小さくなってしまい、性行為が続行できなくなってしまうことがあります。本来、男性は性行為の間、性器が勃起している状態になっていますが、挿入の途中に小さくなってしまうことを、中折れといいます。一度中折れしてしまうと、性行為が続行できないケースが多いです。性行為中の中折れの原因は、人によって異なり色々とあります。疲れていたり、メンタル面が大きく関わっていることもあります。

また、相手の女性に対しての感情が関わってくることもあります。その他の中折れの原因としては、男性ホルモンが減少している可能性もあります。男性ホルモンは10代や20代の頃にピークとなり、その後は少しずつ減少していきます。女性ホルモンが減少していくのと同じ原理です。男性ホルモンが減ってくると、精子の作られる量が減ってきたり、勃起するための力が足りなくなってくることがあり、性行為中の中折れの原因となることがあります。
以前に性行為中に中折れしてしまい、それをパートナーに非難されることにより、精神的なストレスを感じることも、続行不能の原因となることがあります。

EDの症状に悩んでいるときには、医療機関において治療薬を処方してもらうことができます。有名なものとしてバイアグラがありますが、国内で使用承認を受けているために、美容外科などのED治療を行っている病院を選択することで入手可能です。国内においては25mgのものと50mgの2種類のみが承認を受けており、販売することが認められています。あるクリニックを例にとるとバイアグラは25mgのものが1錠あたり1400円で購入することが可能で、50mgの場合には1錠あたり1500円となります。バイアグラの処方は健康保険が適用されないために、高額になることを把握しておく必要があります。

国内正規品については、バイアグラ100mgというものは販売されていませんので知っておくことがおすすめです。バイアグラの主成分はシルデナフィルというもので、元来は狭心症の治療薬として開発されたものでしたが、現在では勃起不全の治療に効果があることがわかっています。バイアグラを服用する際の注意点としては、食事と一緒に服用したときに空腹の際と比較すると効果が発揮されるまでに時間がかかったり、効果そのものが半減することが報告されています。
そのために食前に使用することは控えることがおすすめで、空腹時に服用する必要があります。食前に服用するときには薬の成分が体内に吸収される必要がありますので、食前30分から40分前に服用することが効果的であると考えられています。