カマグラはどうしてバイアグラより安いの?

カマグラやバリフはどうしてバイアグラより安いのかという疑問は誰でも感じる事です。バイアグラは莫大な開発費用をかけて製造されたED薬であり、特許期限が切れていない先進国ではバイアグラのジェネリック医薬品は製造することができない状況にあります。
しかしながらインドでは特許の概念がないためインドで開発され販売されているカマグラのような商品はこうした開発費を度外視して価格設定がされているために非常に安くなっているのです。
したがって利用者は個人輸入といった形でこのカマグラやバリフを入手するケースが多くなっているというわけです。
今後インドがさらに先進国と肩を並べていくに連れ、こうした問題が顕在化していくことも考えられますが、当面はこの法律はそのまま活きているので、安い薬が海外に輸出される状況が続くと見られています。
成分的には高額なED薬と変わらない事実上のジェネリック医薬品ですから、服用などにはまったく問題はありませんので、安心して利用することができるのも大きなポイントとなります。
国内ではこうした商品を並行輸入で販売する業者もいます。利用は比較的簡単で、しかも安価に入手することができ、個人輸入の手続きの必要も代行してくれます。
事情を知らない人にとってはなかなか理解しにくい状況ですが、発展途上国ならではの独特の状況から派生した消費者利益とみることができるわけです。
確かに価格は非常に安くなっていますので、頻繁に利用する消費者にとっては大変ありがたい存在です。国内利用者は年を追うごとに増えており、今後もこうした傾向が続くものと見られています。
但し、用法用量は使用者の自己責任に負う部分が多く、相当の知識を得ることが肝要です。